デートなのに昨日飲みすぎてむくみが!緊急事態にラシックス

ラシックスの効果と副作用

◆ラシックスの効果・副作用
ラシックスは降圧作用と利尿作用を併せ持つ強力な利尿剤で、ループ利尿薬に属す薬として知られます。
病院では主にうっ血性心不全や肝性・腎性浮腫に処方されます。また月経前緊張症、つまり女性なら誰もが経験したことのある不快なPMSのむくみにも適応となります。
因みに入院の方に医師が処方する場合は、心臓の負担を経験させる目的などで使われますが、近年、個人輸入が可能となり、病気ではない一般の人がダイエットやむくみ改善・予防を目的として手軽に入手して使用している人も増え通販サイトでは人気商品に躍り出ているようです。
病院でも出してもらえますし、少し前までは薬局薬店で市販されていたこともあり、まさに浮腫みやすい女性や連日、仕事の付き合いで飲酒にいそしむサラリーマンの殿方人にとっては、見知った安全な薬という安易なイメージを持っている人も少なからずいるのではないでしょうか。
しかし利尿剤は一時的な使用であれば、個人で使用しても全く問題ないですが、副作用もあるので自宅での使用は、注意点、効果・副作用などのラシックスの詳細を熟知して使う必要があると言えます。

特にループ利尿薬は、降圧作用があり低血圧になる恐れがある点と長期継続使用で電解質のカリウムが低下するという副作用がある薬です。
そのため、併用してカリウム低下の作用を伴わない利尿剤との併用治療もあるほどです。

◆むくみ改善・予防で注意すべきこと
浮腫は、病気でなくともホルモンバランスの乱れや睡眠不足、ストレス、加齢などによって誰にでも起こりうる不快症状です。
特に人に見られる仕事であるモデルや女優の中にはラシックスを常備している人がいるという噂もちらほら聞かれます。
そんなふうに日常できれいなスタイルのために使うという人がとても気を付けなければならないのが、効果・副作用の項で述べた副作用以外に、依存症という危険性もあります。
これは「耐性」という、使い続けるうちに効果が出づらくなっていくという状態です。
これを防ぐためには効き目が薄いからといって突然、服用量を増やしたり、何か月も連日服用したりという危険な飲み方にならないようセーブした方がいいでしょう。